琵琶湖市民清掃を主催している「琵琶湖を美しくする運動実践本部」の副本部長を担う、滋賀県議(自民党)の佐野高典氏が2018年7月5日、ウオッチドッグ記者からの電話取材を受けている際、途中で一方的に電話を切った。実践本部が大津市の補助金を使い、過去に無許可業者らにごみ収集・運搬させていたことについて、「廃棄物処理法違反ではないか?」と記者が質問した直後のことだった。それ以降、佐野県議は受信を拒否し続けている。

電話を切る前に佐野県議は、業者によるごみ収集・運搬は「1日限りのボランティアだから」と話していた。しかし、無許可業者らに補助金で謝礼金を支払いながら、処分場に搬入させず、ごみ処分をさせていたことについて、法や条例を根拠とした明確な説明は一切なかった。「1日限りだから」、「ボランティアだから」と、法令違反を容認するような説明をしていた。

佐野県議は2008年から2018年までの10年間、大津市水産振興対策協議会の充て職(本人談)として、「琵琶湖を美しくする運動実践本部」の副本部長に就任している。佐野県議は自身のホームページ上で「琵琶湖主義」を掲げながら、大津市民約7万人が参加する「琵琶湖市民清掃」を運営する団体の役員であることには触れていない。大津市の琵琶湖市民清掃を積極的にPRする文言も、佐野県議のホームページには見当たらない。(※副本部長の就任年度は平成20年で、西暦表示に間違いがありましたので、7月10日に「2008年」に修正しました)

◆佐野高典県議のプロフィール◆
1987年5月から1999年4月まで12年間、市議会議員。緑風会(自民党系)に所属。1992年に大津市議会の副議長、1993年に議長。
1999年4月から現在まで19年間、滋賀県議会議員(自民党)。2011年に副議長、2012年に議長。
トータル31年間の議員ライフ。

↓滋賀県議会ホームページ/議員プロフィール/佐野高典県議
https://www.shigaken-gikai.jp/g07_giinlistS.asp?SrchID=64

↓2018年度の琵琶湖を美しくする運動実践本部で、佐野高典県議は、副本部長を務めている。