2019年4月21日に大津市議会選挙が終わりました。投票者数は117,244人で、全有権者数278,012人の42%にとどまりました。

市民に選ばれた市議たちは、議員活動を始めています。ウオッチドッグは、選ばれた市議らが、選挙期間中に市民へ約束した公約を忘れることがないよう、選挙中の公報をまとめ、得票数が多かった順に並べてみました。選挙中の所属と、現在の会派も加えました。

また、各市議がいかに議員活動を熱心に行い、情報発信に努めているかがわかるように、各市議らのホームページやSNSにリンクを貼りました。

例えば、市議会選挙で、3番目に票数が多かった嘉田修平市議のFacebookを見たウオッチドッグ記者は驚きました。嘉田ママとのツーショットのオンパレードで、「2期目の市議会の活動報告はないんかい」って、突っ込みを入れたくなりました。6月13日から7月2日まで、通常会議が開催されていました。「勉強しない議員の票、もったいない」と思いました。

また、湖誠会(自民党)の重鎮、7期目の竹内照夫市議の公約「大津に心をとりもどしたい」を見たウオッチドッグ記者は、驚きました。市民センター統廃合問題で、越直美市長が「実施案」を議長らへ公表する前に、竹内照夫市議とコソコソと会っていたことが話題になりましたが、「もしかして、議会と市役所で評判の悪い2人が、心をとりもどそうとしていたのか」と気づきました。そんな影の努力、裏協議、知りませんでした。

大津市民のみなさまへ

大津市民の皆さんは、議員の公約と情報発信を日々チェックして、約束を守った議員は誰か、熱心に活動している議員は誰か、市民に伝えようとする姿勢がある議員は誰か、じっくり見ていきましょう。

大津市議会議員のみなさまへ

新たに自分のホームページやSNSを開設した議員さん、実力不足で公約は守れんという議員さんは、ウオッチドッグのコンタクトフォームまで、ご連絡ください。事実の有無を確認後、追記を掲載します。

細川 俊行

無所属→親和会

5,332票でトップ当選。1期目。

◆公約
教育の再生。
観光資源の整備と湖上交通の整備。
市民センター機能の充実。

河村 浩史

日本維新の会→親和会

4,774票で2位。2期目。

◆公約
学校教育に民意を反映させる体制の整備。
塾やスポーツ教室など学校外教育費への助成。

嘉田 修平

無所属→市民ネット21

4,398票で3位。2期目

◆公約
行革は住民と共に。教育にはバランスを。
高齢者・子育てには居場所作りを。
大津らしい観光拠点を。

桐田 真人

自民党推薦→湖誠会

4,130票で4位。3期目。

◆公約
高齢者の公共交通。地域が支える医療と介護。
不妊治療の支援。子育て支援。
心身の健全な発達の学校給食。東警察署の新設整備。住民の声を主役。東消防署の施設機能強化。
通学路整備。JR瀬田駅前広場の再整備。

田中 知久

連合推薦→市民ネット21

3,924票で5位。1期目。

◆公約
現物、現場、現実の3現主義で物事を進める。

八田 憲児

自民党公認→親和会

3,827票で6位。3期目。

◆公約
7つの重要課題に挑戦。
住みやすさ。地域資源の豊かさ。子育てのしやすさ。安心の大きさ。共生できる暮らしやすさ。
学びやすさ。働きやすさ。

仲野 弘子

自民党公認→湖誠会

3,187票で7位。5期目。

◆公約
子どもの笑顔が輝くまち。高齢者の安全、安心にく暮らせるまち。自然と地域資源を活かしたまちづくり。青少年を見守るまち。快適で利便性の高いまち。環境にやさしいまち。

谷 祐治

無所属→清正会(1人会派)

3,164票で8位。4期目。

◆公約
防災力・減災力の向上。市民福祉の維持向上。
共生社会の実現。子どもの健やかな成長。
資源循環社会の実現。地域社会の活性化。広域景観連携の推進。行財政改革の推進。

柏木 敬友子

日本共産党→ 日本共産党大津市会議員団

3,136票で9位。1期目。

◆公約
国保料の大幅引き下げ。介護保険料・利用料の軽減、減免。中学までの医療費無料化。福祉のまちづくり。公立保育園の充実。36の支所を残す。水道民営化に反対し、「いのちの水」を守る。

津田 新三

自民党公認→湖誠会

2,831票で10位。4期目。

◆公約
開かれた市政。県都大津の再生。住みなれた生活の場をさらに快適に。行政サービスの実現。不変の価値を明日の希望のまちづくりに。

近藤 眞弘

自民党推薦→湖誠会

2,798票で11位。3期目。

◆公約
安全で安心な住みよい大津づくり。活気と和みのある地域づくり。

高橋 健二

公明党公認 → 大津市議会公明党議員団

2,796票で12位。7期目。

◆公約
防災意識社会への転換と、防災、減災対策推進。
医療、介護の拡充。教育費負担の軽減と教育環境の整備。共生社会の構築

草野 聖地

自民党公認→湖誠会

2,766票で13位。2期目。

◆公約
子どもと子育てを応援。高齢者が楽しく暮らせるまちづくり。ひとりひとりが主役の自治。行政改革を推進。

幸光 正嗣

自民党推薦→親和会

2,670票で14位。2期目。

◆公約
災害に強い街づくり。子育て支援や学力向上。
高齢者や障がい者にやさしい街す。地域の魅力発信。市民の意見を大切にした行政運営と行政改革。
琵琶湖や自然環境を活かした取り組み。

岸本 典子

日本共産党→ 日本共産党大津市会議員団

2602票で15位。4期目。

◆公約
支所を残し、住み慣れたまちで、安心できる暮らし。消費増税10%中止。原発ゼロ。国保料の引き下げ。

中田 一子

公明党公認→ 大津市議会公明党議員団

2,504票で16位。1期目。

◆公約
子どもの輝く未来。人に優しい町づくり。安心安全の大津。活気ある大津のまちづくり。

青山 三四郎

無所属→湖誠会

2,500票で17位。5期。

◆公約
2025年を見据えた高齢者対策。子ども子育て新制度は、子育てを社会全体でささえます。

川口 正徳

無所属→ 湖誠会

2494票で18位。2期目。

◆公約
福祉の充実。大津市南部地域の振興発展。災害に強い地域づくり。

草川 肇

連合・立民・社民推薦→市民ネット21

2491票で19位。 4期目。

◆公約
どの子にもゆきとどいた教育を。平和な社会を。
顔が見える環境を。差別や偏見のない社会を。やさしい社会を。観光資源の活用を。住民の声は反映されるまちづくりを。

井内 律子

自民党公認→親和会

2,487票で20位。1期目。

◆公約
子育てから看取りまで。「大津の健康」育み、守る。

佐藤 弘

公明党公認→大津市議会公明党議員団

2,452票で21位。4期目。

◆公約
誰もが健康で活躍えきるまち。地域災害に守られるまち。新しい子育て・教育のまち。活力ある暮らしやすいまち。

奥村 功

連合推薦→市民ネット21

2,449票で22位。5期目。

◆公約
子どもたちが夢と希望がもてるまち。いきいきと健やかに暮らせるまち。活力に満ち躍動するまち。安全で安心して暮らせるまち。

竹内 基二

無所属→湖誠会

2,416票で23位。4期目。

◆公約
あなたとつなぐ 信頼のきずな。
子育てとお年寄り。地域活性化。歴史を大切にしたまちづくり。スポーツと健康。教育と環境。交通安全。防災。

濱奥 修利

公明党公認→ 大津市議会公明党議員団

2,403票で24位。4期目。

◆公約
小さな声を、聴く力。条例制定の推進(引きこもり対策、障がい福祉、子育て・教育、防災・減災対策、公共交通、健康福祉)

竹内 照夫

自民党公認(選挙公報に記載なし)→湖誠会

2,336票で25位。7期目。

◆公約
大津に心をとりもどしたい。
美しい心のあるまち。優しい心のあるまち。豊かな心のあるまち。ときめく心のあるまち。厳しい心のあるまち。

伴 孝昭

無所属→親和会

2,328票で26位。3期目。

◆公約
市民を「まもる」姿勢でまちづくり
市民生活をまもる。暮らしをまもる。地域を守る。市民の安全をまもる。

改田 勝彦

公明党→大津市議会公明党議員団

2,323票で27位。2期目。

◆公約
防災・減災対策の推進。教育の推進。子どもの貧困、虐待や引きこもり対策の強化。認知症対策の推進。ICT活用と行政改革の推進。活気ある大津の推進、人と動物の共生社会の推進。

出町 あけみ

無所属(立民推薦)→協生会(1人会派)

2,298票で28位。1期目。

◆公約
高齢者が生き生きと暮らせる大津に。子どもが健やかに育つ大津に。安心安全な住み続けたい大津に。

杉浦 智子

日本共産党→日本共産党大津市会議員団

2,250票で29位。6期目。

◆公約
国保料は大幅引き下げを。中学校卒業までの医療費無料化。公共交通など住民の足の確保。公立保育園・幼稚園をまもる。公益上下水道を守りぬく。災害に強いまちづくり。

西村 和典

無所属→親和会

2,240票で30位。2期目。

◆公約
北部のパイプ役。医療の充実。農業の元気を取り戻す。保、幼、小、中の地域にあった充実を。北部の活性化を目指した街づくりの継承。

船本 力

無所属→市民ネット21

2,203票で31位。4期目。

◆公約
将来うぃ見据えた住み良いおおつへ。共に歩むおおつへ。自然と共に暮らすおおつへ。文化と歴史を生かした観光おおつへ。

林 まり

日本共産党→ 日本共産党大津市会議員団

2,165票で32位。2期目。

◆公約
36学区すべての支所の存続で、充実のまちづくりを。国保料は引き下げをやめ、国費投入で大幅引き下げを。中学校卒業まで医療費の無償化。正規保育士の雇用増で、待機児解消。知る権利を保障する公文書管理条例の制定。安全な水道は公の責任で、民営化ストップ。

小島 義雄

日本共産党→日本共産党大津市会議員団

2,063票で33位。1期目。

◆公約
国保料の引き下げをストップ。支所を残し、充実・発展させる。公立の保育園・幼稚園を維持。中学校卒業までの医療費の無料化。水道の民営化に反対し、いのちの水を守る。再稼働ストップ。原発ゼロへ。

笠谷 洋祐

無所属→親和会

1,984票で34位。1期目。

◆公約
議員報酬の手取り10%自主返納(寄付)、議員報酬・定数の見直し。公務員改革・行政改革の徹底。少子化対策・教育等将来への投資。JR湖西線の本数増加。

立道 秀彦

日本共産党→ 日本共産党大津市会議員団

1,983票で35位。2期目。

◆公約
中学校卒業までの医療費の無料化。公共交通など地域の足の確保・充実。公立保育園・幼稚園をまもる。介護保険料・利用料の引き下げ。河川の氾濫、土砂災害にたいする防災対策の推進。

神田 健次

無所属→親和会

1,927票で36位。1期目。

◆公約
地域の声が尊重され優しさと人がふれあう大津のまちづくり。市民のみなさんの声を市政に届けて活力あるまちづくり。

寺田 英幸

無所属→湖誠会

1,873票で37位。1期目。

◆公約
医療・介護の充実。シルバー世代の雇用促進。生涯学習・町の歴史学習と地域自治の連携。男女共同・協働による世代間交流の活発な町づくりのかけ橋。子育て支援・青少年育成・子供安全を確立。防災・環境問題に力点を注ぐ。

鳥井 義徳

無所属→親和会

1,819票で38位。1期目。

◆公約
地域防災・防犯への備えが整ったまちづくり。子育てに適した街づくりを目指す。高齢者が安心して住めるまちづくりを目指す。観光地としてふさわしいまちづくりを目指す。